されログ。 / Overwatch

PC版Overwatch情報・考察サイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

海外プロから学ぶチーム編成 (Hi-Dive編成)  

ハイダイブ編成はプロチームMisfitsがDreamHack Winter 2016で新たに対3タンク編成用の特化編成
として披露した、対超攻撃型編成である。

主にペイロードマップやポイントキャプチャーマップの攻撃サイドで使用されるこの編成は、オフェンス3:タンク1:サポート2という、タンク1人に対してフランカー(遊撃系オフェンスヒーロー) 2人とウィドウメイカーを組み込んでいるのが特徴だ。

▼オフェンス枠 (3人)
genji_mini.jpgtracer_mini.jpgwidowmaker_mini.jpg
Misfitsが使用していたオフェンスの3人枠はこの3ヒーローが固定となる。(ウィドウメイカーもオフェンスとしてカウント)

▼タンク枠 (1人)
reinhardt_mini.jpgorwinston_mini.jpg
タンク枠にはラインハルト or ウィンストンを置く。

▼サポート枠 (2人)
ana_mini.jpglucio_mini.jpgorzenyatta_mini.jpglucio_mini.jpg
サポート枠はアナ&ルシオもしくは、ゼニヤッタ&ルシオ。


▼構成例
genji_mini.jpgtracer_mini.jpgwidowmaker_mini.jpgreinhardt_mini.jpgana_mini.jpglucio_mini.jpg
アナを組み込んだ場合は、ゲンジとアナの合わせ技である"ナノブレード"が強い武器となる。

genji_mini.jpgtracer_mini.jpgwidowmaker_mini.jpgwinston_mini.jpgzenyatta_mini.jpglucio_mini.jpg
ゼニヤッタを組み込んだ場合は、調和のオーブをゲンジ又はウィンストンへ付与し、不和のオーブを付与した対象を全員で狙う形となる。


旧3タンク編成である3:3編成の弱点がアナに対しての集中攻撃であった(3タンク編成記事参照) ように、3タンク編成は基本的にアナを倒してしまえば機能しなくなる編成のため、現在の3タンク編成であるタンク3:オフェンス1:サポート2編成のアナに対して直接届く攻撃ラインを更に増やすと同時に、同じ対象へのフォーカス数を増やしている。

この編成の鍵となるのはタンク枠を削除してまで組み込んでいるウィドウメイカー。彼女が結果を出せるか否かで結果が大きく変わってきます。そのため、彼女が力を発揮しやすい地形をしているマップTemple of Anubis、Watchpoint Gibraltar、Route66などではハイダイブ編成は効果を発揮するでしょう。
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/27 Mon. 22:35 [edit]

category: 海外プロから学ぶチーム編成

tag: Overwatch  OWプロシーン  チーム編成・構成  Hi-Dive編成 
tb: 0   cm: 0


当ブログ、されログ。/Overwatchは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Hierarchy (現在の位置)

Latest articles (最近の記事)

Search

Categories

Tag Link (サイト内タグリンク)

Link

Profile

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。