されログ。 / Overwatch

PC版Overwatch情報・考察サイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Razer DeathAdder Elite  

DeathAdder Elite_1.jpg
(画像クリックでRazer公式ページへ)


▼amazon商品ページへ
Razer DeathAdder Eliteエルゴノミック ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02010100-R3A1


ベストセラーとなっている定番の光学センサー搭載ワイヤードマウスであるRazer DeathAdderシリーズの2016年モデル。2015年モデルとなるDeathAdder Chromaと同じ筐体,同じ重量を採用している。

DeathAdder Chromaとの違いは、「世界最高」と言う新開発の光学センサー「Razer 5G Optical Sensor」、そしてオムロン スイッチアンドデバイスとの共同開発となるメカニカルボタン「Razer Mechanical Mouse Switch」を採用している点。

第5世代センサーは、最大トラッキング速度が450IPSと、DeathAdder Chromaの採用する第4世代センサー「10,000dpi Razer 4G Optical Sensor」の同200IPSと比べて2倍以上に強化されている。
Razer Mechanical Mouse Switch最大5000万回のクリックに堪えるという。どうやらスイッチ側に改良を加えてある模様。

DeathAdder Elite_2.jpg

・DeathAdderシリーズ(2013・Chroma・Elite) を使用している主なOverwatchプロゲーマー [2017.2.12時点]
(参考:Overwatch Pro Settings and Setups)

  • Zunba (Seoul Dynasty)
  • ShaDowBurn (Paris Eternal)
  • iddqd (Free Agent)



初心者からプロまで幅広く使われている、右利きであれば絶対に買って損はしないであろうマウスです。

プロシーン最高峰マクリー使いのiddqd選手や、最高峰ゲンジ使いのShaDowBurn選手が使用している所を見ても良いマウスである事は間違いないでしょう。

人間工学に基づいて右手用に形状が作られたというだけあって、他のマウスと比較しても持ち易さは個人的には最高級で、左右クリックやサイドボタンのクリック感も控えめに言っても申し分無し。

ただ、マウス自体の大きさは海外規格のためやや大きめ。女性や手が小さい方には少し大きく感じるかもしれません。
小さいサイズのマウスを探している方は実際に店頭で手に持って確かめると良いと思います。

マウスの重さをグラム数値で見てしまうとそこそこ重そうに思えますが、手が触れるマウスのサイド面が垂直では無く、指先側が内側に窪んでいて良い具合に引っ掛かるため、持ち上げる際には握る意識を一切せずに手を上に浮かすだけでマウスも一緒に持ち上がってくれます。これは個人的にはとても良い点でした。

(例えばLogicoolG403は、サイド面が垂直で指先が引っかからないので、持ち上げようとした際に意識的に力を入れて摘まないと滑ってしまう感覚があった。そのためG403のマウス重量はDeathAdderシリーズより軽いものの、実際に使用したときDeathAdderよりも重く感じた。)

▼amazon商品ページへ
Razer DeathAdder Eliteエルゴノミック ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02010100-R3A1




●DeathAdder Eliteの主なスペック
基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
搭載センサー:Razer 5G Optical Sensor
ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,左サイド×2(※左右メインボタンは「Razer Mechanical Mouse Switchを搭載し,最大5000万クリックの耐久性を持つとされる)
最大トラッキング速度:450IPS
最大加速度:50G
フレームレート:未公開
画像処理能力:未公開
トラッキング解像度:最大16000 DPI
レポートレート(ポーリングレート):1000Hz
データ転送フォーマット:未公開
リフトオフディスタンス:未公開
本体サイズ:70(W)×127(D)×44(H)mm
重量:105g(※ケーブルを含むかどうかは未公開)
マウスソール:未公開
ケーブル長:約2.1m
対応OS:Windows 8/7/Vista/XP,Mac OS X 10.7~10.9

価格:6,400円前後 [2019年1月23日時点]
スポンサーサイト

Posted on 2019/01/23 Wed. 22:36 [edit]

category: マウス

tag: ゲーミングデバイス  ゲーミングマウス  Razer  DeathAdder_2016_Elite 
tb: 0   cm: 0

Logicool Pro Gaming Mouse 【3月30日販売開始!】  

pro-gaming-keyboard-mouse_1.jpg
(画像クリックでLogicool公式/Pro Gaming Mouseページへ)


Logicool ロジクール PRO ゲーミングマウス


Pro Gaming Mouseは、eスポーツ界のトッププロたちによって愛用されたロジクールG100およびG100sの本体が持つクラシックなラインとシンプルな構造を基に作られたプロ用小型軽量ハイスペックマウスです。


pro-gaming-keyboard-mouse_2.jpg



▼主な特徴は以下の通り。

pro-gaming-mouse_センサー
DPI設定は200~12,000の範囲から、レポートレートは125/250/500/1000Hzから選択が可能。


pro-gaming-mouse_ライティング
1,680万色のカスタマイズが可能なイルミネーション設定。(プロファイル設定をカスタマイズするには、Logicool ゲームソフトウェアが必要。)


pro-gaming-mouse_オンホードメモリ
オンボードメモリを搭載しているため、ゲームタイトルに応じた環境設定をマウスに直接保存することができます。カスタムソフトウェアをインストールしたり、設定を再構成する必要はありません。



▼Pro Gaming Mouseを使用している主なOverwatchプロゲーマー [2017.3.30時点]
(参考:Overwatch Pro Settings and Setups)
  • Esca (Lunatic Hai)
  • Zunba (Lunatic Hai)
  • Whoru (Lunatic Hai)
  • Surefour (Cloud9)
  • Gods (Cloud9)
  • Seagull (NRG eSports)



あのSurefour選手も使用しているということで個人的に興味を持っていたPro Gaming Mouse。北米では2016年の8月に販売が開始されていましたが、これまで日本では販売が行われておらず日本国内で手に入れるには個人輸入するしかありませんでした。

そういった理由で購入を諦めてしまっている方も多かったこのハイスペックマウスですが、本日2017年3月30日にLogicool(Logitechの日本国名称) から販売開始となりました!

今やトップ3チームに入るであろう(KR)Lunatic HaiのDPSプレイヤーEsca選手やWhoru選手も使用しているこのマウスは、やや小ぶりの左右対称形右手用マウスで、ケーブル抜き重量が83gと他のゲーミングマウスと比較しても大分軽いのが特徴。

左右クリックの応答速度はDeath Adderよりも早く、搭載されている最高クラスのセンサーはトラッキング能力もさることながらリフトオブディスタンスが約0.9mmと優秀です。(リフトオブディスタンスとは、マウスをマウスパッドからどれくらいの高さまで浮かせるとセンサーが認識しなくなるかという距離。これが長いとマウスの切り替えしの際にマウスを浮かせていてもセンサーが読み取ってしまう事があるため、プレイヤーが意図しない操作を起こしてしまう。)

マウス自体のクリックやセンサーなどの性能面についてはほぼ最高評価のレビューばかりなのでその点については疑いようもありませんが、このマウスにはただ一点だけ注意点があります。それは手の平をマウスに乗せる"被せ持ち"のプレイヤーに合うであろう側面形状をしている事。そのため指を立てて持つ"つまみ持ち"をしている方にはしっくり来ない可能性があるので、購入を考えているつまみ持ちプレイヤーの方は一度店頭で実物に触れて感触を確認してみると良いかもしれません。

私は"つまみ持ち"のプレイヤーですが冒頭の通り元々興味を持っていたマウスですのでそのうち購入するかもしれません。 もし購入した際には、つまみ持ちプレイヤーとしてのPro Gaming Mouseの使い心地を詳しく書いてみたいと思います。

▼amazon商品ページへ
Logicool ロジクール PRO ゲーミングマウス G-PPD-001 eスポーツ FPS 対応




●Pro Gaming Mouseの主なスペック
製品名(日本語):ロジクール PRO ゲーミング マウス
製品名(英語):Logicool® PRO Gaming Mouse
型番:G-PPD-001
品番:910-005129
JANコード:4943765045830
価格:オープンプライス
保証期間:2年間
マウス本体サイズ(高さ x 幅 x 奥行):38.2×62.15×116.6mm
ケーブル長:200cm
マウス重量:83g
カラー:ブラック
センサー能力
  ・センサー方式:オプティカル
  ・解像度:200-12,000dpi
  ・最大加速*:40G
  ・最大スピード*:300インチ/秒
感応性
  ・USBデータフォーマット:16bits/axis
  ・USBレポートレート:1,000レポート/秒
摩擦係数
  ・動摩擦係数 -μ(K) **:0.11
  ・静止摩擦係数 -μ(S)**:0.16
総ボタン数:6 (プログラム可能なボタン数)
耐久性
  ・ボタン寿命* **:2,000万回クリック
  ・フィート* **:250km
スクロールホイール:有
チルト機能:無
対応ソフトウェア:Logicool ゲーミングソフトウェア(プロファイル設定にはロジクールゲーミングソフトウェアのダウンロードが必要です。)
対応OS:Windows® 10、Windows 8.1、Windows 8 またはWindows 7
接続I/F:USB

*ロジクール G240 ゲーミングマウスパッド上のテストによる
** ベニヤ板上でのテストによる

Posted on 2017/03/30 Thu. 23:27 [edit]

category: マウス

tag: ゲーミングデバイス  ゲーミングマウス  Logicool  Pro_Gaming_Mouse 
tb: 0   cm: 0

FinalMouse 2016 - Classic Ergo  

Finalmouse-2016-Classic Ergo_1.jpg
(画像クリックでFinalmouse公式ページへ)


Finalmouse 2016 Classic Ergo (右手用)


プロゲーマー向けゲーミングマウスメーカーFinalmouseの2016年モデル、Classic Ergo。
Flawless Pixart 3310赤外線エスポートセンサーを搭載しており、マウス重量74g(ケーブルを除く) と、"最軽量"を謳っています。

ドライバーレスのこのマウスは、左右メインボタンの間にあるDPIボタンを押す事によって4段階のDPIステージ(400, 800, 1600, 3200)を切り替える事が出来ます。


Finalmouse-2016-Classic Ergo_2.jpg

Finalmouse-2016-Classic Ergo_3.jpg


▼Finalmouse 2016 - Classic Ergo を使用している主なOverwatchプロゲーマー [2017.2.17時点]
(参考:Overwatch Pro Settings and Setups)
  • TviQ (Misfits)
  • Re1nforce (Misfits)
  • Gods (Cloud9)
  • EnigmaOW (NRG eSports)




日本ではあまり聞きなれないメーカーのFinalmouseですが、
このメーカーのマウスは日本国内では未だ正規販売されていないため、購入したい場合は国外通販サイトである以下のサイトから購入手続きを行う必要があるので注意です。
2018年7月10日より、海外ゲーミングデバイスのECサイト「ふもっふのおみせ」が、Finalmouseの日本正規代理店として販売を開始いたしました!


・ふもっふのおみせ
https://www.fumo-shop.com/manufacturer/finalmouse.html

・アメリカamazon
https://www.amazon.com/

・ヨーロッパamazon
https://www.amazon.co.uk/

・オーストラリア PCCaseGaar.com
https://www.pccasegear.com/


Misfits所属のトッププロであるTviq選手を始めとするOWプロゲーマー達が使用している事から、私もこのマウスに興味を持ちアメリカamazonにて購入、現在メインマウスとして使用しているこのマウス。

このマウスの特徴は、高性能のセンサー、クリック感の良い左右のメインボタン、サイドボタン2ヶ所、DPIスイッチといった欲しい機能をしっかり有しつつ、本体重量がとてもとても軽い事。
以前はある程度手に残るのマウス重量は必要であると私は考えていましたが、このマウスを手にしてから"マウスの軽さ"は重要なポイントであるという認識を持ちました。恐らくTviq選手のスピーディーなマウス操作は、マウスセンシビティや本人のスペックもさることながらFinalmouseの軽さも影響している事でしょう。

▼実際の使用感
Razer DeathAdderと比較すると、サイズは大体同じ位。
形状としてClassic Ergoは親指が触れる部分が大きく内側に窪んでいるので、その点で好みが分かれそうです。DeathAdderなどのIE3.0クローンから移った場合、その点に最初は違和感を覚えると思います。また、手の触れる部分がプラスチックで出来ているため、滑り止めの為のラバー仕上げを好むプレイヤーや、プラスチックでは手汗によるスリップが起きてしまうプレイヤーには向かないかもしれません。

左右のメインボタンのクリック感はDeathAdderシリーズと比べるとソフトで反応も申し分無し。カチカチと押した感覚もしっかりするので個人的には気に入っています。

センサーの読み取り精度は全く問題無いのですが、リフトオブディスタンス(センサーの読み取り距離) がやや長めで、多少持ち上げてもマウス操作の動きを拾ってしまいます。この点については、ドライバー等による設定での調整はできませんが、マウスソールを2枚重ね張りをすれば良い具合に出来るのでオススメです。

Finalmouseは造りの個体差(良し悪し)が強いと言われています。何も問題が無い個体を運良く(?) 引くことが出来れば、最高のマウスとなるはずです。価格は高めですが...。

Finalmouse-2016-Classic Ergo_4.jpg
(画像クリックでamazon(US) "Finalmouse 2016 Classic Ergo" 商品ページへ)




●Finalmouse 2016 - Classic Ergoの主なスペック
ブランド名 : Finalmouse
品目モデル番号 : LYSB00MX8QSLW-CMPTRACCS
アイテムの重量 : 74g (ケーブルを除く)
製品の寸法 : (L)13.716cm x (W)5.588cm x (H)5.334cm
搭載センサー : Flawless Pixart 3310赤外線エスポートセンサー
DPIステージ : 400, 800, 1600, 3200 (ドライバーレス)

Posted on 2017/02/17 Fri. 17:11 [edit]

category: マウス

tag: ゲーミングデバイス  ゲーミングマウス  Finalmouse  2016_Classic_Ergo 
tb: 0   cm: 0

Razer DeathAdder 2015 Chroma  

DeathAdder Chroma_1.jpg
(画像クリックでRazer公式ページへ)


Razer DeathAdder 2015 Chroma 右手用光学式ゲーミングマウス


Razer DeathAdder 2013以来となるDeathAdder Chromaは、DeathAdder 2013と共通の筐体デザインを採用しつつ、LEDイルミネーション機能として、約1677万色から選択できる「Razer Chroma」に対応したのが特徴。
他には、DPI設定がDeathAdder 2013の最大6400DPIからDeathAdder Chromaでは最大10000DPIとなっている。

DeathAdder Chroma_1.jpg

▼DeathAdderシリーズ(2013・Chroma・Elite) を使用している主なOverwatchプロゲーマー [2017.2.12時点]
(参考:Overwatch Pro Settings and Setups)

  • Twoeasy (FaZe)
  • ShaDowBurn (FaZe)
  • iddqd (NRG eSports)



Chromaは、とてもカラフルになったDeathAdder 2013と言えるマウスです

初心者からプロまで幅広く使われている、右利きであれば絶対に買って損はしないであろうマウスです。
プロシーン最高峰マクリー使いのiddqd選手や、最高峰ゲンジ使いのShaDowBurn選手が使用している所を見ても良いマウスである事は間違いないでしょう。

人間工学に基づいて右手用に形状が作られたというだけあって、他のマウスと比較しても持ち易さは個人的には最高級で、左右クリックやサイドボタンのクリック感も控えめに言っても申し分無し。

ただ、マウス自体の大きさは海外規格のためやや大きめ。女性や手が小さい方には少し大きく感じるかもしれません。
小さいサイズのマウスを探している方は実際に店頭で手に持って確かめると良いと思います。

マウスの重さをグラム数値で見てしまうとそこそこ重そうに思えますが、手が触れるマウスのサイド面が垂直では無く、指先側が内側に窪んでいて良い具合に引っ掛かるため、持ち上げる際には握る意識を一切せずに手を上に浮かすだけでマウスも一緒に持ち上がってくれます。これは個人的にはとても良い点でした。

(例えばLogicoolG403は、サイド面が垂直で指先が引っかからないので、持ち上げようとした際に意識的に力を入れて摘まないと滑ってしまう感覚があった。そのためG403のマウス重量はDeathAdderシリーズより軽いものの、実際に使用したときDeathAdderよりも重く感じた。)

▼amazon商品ページへ
Razer DeathAdder 2015 Chroma マルティライティング右手用光学式ゲーミングマウス 【正規保証品】 RZ01-01210100-R3J1




●DeathAdder 2015 Chromaの主なスペック
基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,左サイド×2
トラッキング速度:200IPS
最大加速度:50G
フレームレート:未公開
画像処理能力:未公開
トラッキング解像度:最大10000 DPI
レポートレート(ポーリングレート):1000Hz
データ転送フォーマット:未公開
リフトオフディスタンス:未公開
本体サイズ:70(W)×127(D)×44(H)mm
重量:105g(※ケーブルを含むかどうかは未公開)
マウスソール:未公開
ケーブル長:2.13m
対応OS:Windows 8/7/Vista/XP,Mac OS X 10.7~10.9

Posted on 2017/02/12 Sun. 18:07 [edit]

category: マウス

tag: ゲーミングデバイス  ゲーミングマウス  Razer  DeathAdder_2015_Chroma 
tb: 0   cm: 0


当ブログ、されログ。/Overwatchは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Hierarchy (現在の位置)

Latest articles (最近の記事)

Search

Categories

Tag Link (サイト内タグリンク)

Link

Profile

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。