されログ。 / Overwatch

PC版Overwatch情報・考察サイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Hollywood ザリアでのリフトを使わない屋根移動ルート  

韓国のプロチームLunatic Haiに在籍するザリアの名手、Zunba選手がHollywoodで使用している
攻めルートを紹介します。





ウィンストンやD.vaと違って高所へ上る移動手段が無く高低差が激しいマップでは扱いが難しいザリアですが、この移動手段を使えば本来リフトを使用しなくては上がる事が出来なかったHollywoodの屋根上争いに加わる事が可能です。

このルートで段差を上がるためにはパーティクル・キャノン ランチャー(右クリック)ジャンプを使用する必要があります。


ランチャージャンプで高く飛ぶためのコツ。
 ①足元を撃つ際は"真下"を向く。(照準がそれ以上移動できない所までマウスを下へ移動する。)
 ②ランチャーが着弾して爆発するタイミングと"同時"にジャンプキーを押す。

②について。
ランチャーは弾速が遅いので、右クリックを押し発射されてから地面へ着弾’爆発)するまで微妙にタイムラグがある。そのため、右クリック+spaseキーの同時押しでは爆発が起きるより早いタイミングでジャンプしてしまい結果高度が低くなってしまう。高いジャンプをするためには爆発のタイミングにspaceキーを合わせる必要があるため、同時押しではなく右クリックを押した後にspaceキーをコンマ数秒遅らせ「タタン」と押す必要がある。


ザリア使いの方は、ぜひ習得して戦略の幅を広げましょう!
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/02 Sun. 19:18 [edit]

category: OWテクニック・統計紹介

tag: Overwatch  ザリア  Hollywood  ランチャージャンプ 
tb: 0   cm: 1

Dorado 攻撃側"アイスウォール"屋根上ルート  

韓国のプロチームMetaAthenaがマップDoradoの攻撃サイドで見せた、メイを使用した新しい進行
ルートを紹介します。

今回のルートは先日行われたOGN Overwatch APEX Season 2準決勝の対LunaticHai戦で使用されたものですが、文章で説明するのは中々難しいので百聞は一見に如かず。下の動画をご覧下さい。


▼OGN Overwatch APEX Season 2 Playoffs : MetaAthena 対 LunaticHai



進行するだけで歓声が起こるチーム、MetaAthena。もうなんというか流石としか言えません。

とても奇抜なルートですが、誰もデスしないままAll Killまで持っていっているあたりは本当に見事。トップチームのLunaticHaiでもこの初見殺しといえるルートの対処は行えなかったようです。

Posted on 2017/03/29 Wed. 05:02 [edit]

category: OWテクニック・統計紹介

tag: Overwatch  OWプロシーン  Dorado  メイ  アイスウォールルート 
tb: 0   cm: 0

Temple of Anubis 防衛ルシオ時間稼ぎウォールライド  

マップTemple of Anubisの防衛時、最終ポイントでの時間稼ぎ手段としてとても有効なルシオの
ウォールライドテクニックを紹介します。まずは下の動画をご覧ください。


▼OGN Overwatch APEX Season 2 : MetaAthena 対 AfreecaFreecs Blue




リスポ-ンから出た防衛側ルシオが壁を滑り、そのまま壁にあるファラオ像の凹凸を使い高所を取り続けています。

プロシーンではポイント内での乱戦になると必ずと言っていい程使われるこの時間稼ぎウォールライドですが、この高所はポイント内に入っている判定になるので、ルシオがこの位置にいる限り相手のポイント奪取ゲージが進む事はありません。

攻撃側からすると、高所のため視認がし難く、単純に攻撃を届かせ辛い上に凸凹壁のウォールライドによる不規則な動きが加わるため、倒しきるまでにどうしても時間が掛かってしまいます。



↑(上の動画の続き) 再リスポーン後。地上で戦闘が行われる中とにかく壁を滑って高所で粘るルシオ



ハイレベルな試合では必須とも言えるこの防衛テクニック。動画ではウォールライドを続けながら地上の敵に向かってソニックアンプリファイで攻撃をしていますが、この動作を行うためにはゲーム内のオプションからルシオの設定を変える必要があります。


●設定方法 (オプション ⇒ 操作設定 ⇒ ルシオ)

後ろ向きのウォール・ライド有効
(↑クリックで画像拡大)


"後ろ向きのウォール・ライド有効" をONにする事で、自身が後方移動からウォールライドを始動する事が可能になります。この設定項目は初期の頃には無く過去のパッチで追加されたものなので、知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

ウォールライドの幅が一気に広がると共に今回のように攻撃しながら壁を滑り続ける事が出来るようになるので、OFF設定の方は是非ON設定に変更する事をオススメします。

Posted on 2017/03/27 Mon. 22:29 [edit]

category: OWテクニック・統計紹介

tag: Overwatch  OWプロシーン  Temple_of_Anubis  ルシオ 
tb: 0   cm: 0

Eichenwalde 攻撃側"アイスウォール"ルート  

韓国のプロチームMetaAthenaがマップEICHENWALDEの攻撃サイドで見せた、メイを使用した
新しい進行ルートを紹介します。





OGN Overwatch APEX Season 2のGroup Stage #2で使用されたこのルート。
石橋下を抜けて右手側伝いに進行し2階の通路を取った後、メイのアイスウォールにチーム全員が乗り裏側へ壁を乗り越え、建物2階へと進んでゆきます。この後エリア後ろの建物2階で戦闘が起こりますが、見事にMetaAhenaが相手チームを殲滅しポイントの奪取に成功します。

アイスウォール上に綺麗にチーム全員が乗るのは意外と難しいので、実際に使用するには事前に綿密な立ち位置の打ち合わせが必要になるでしょう。

大胆な発想を実際に形にして戦うMetaAthenaらしい実戦的な進行ルートです。

Posted on 2017/03/26 Sun. 18:26 [edit]

category: OWテクニック・統計紹介

tag: Overwatch  OWプロシーン  Eichenwalde  メイ  アイスウォールルート 
tb: 0   cm: 0

マップ別ラインハルトを組み込んだ場合の勝率の変化  

現在韓国で行われているOGN Overwatch APEX Season 2での、各マップ毎のラインハルト使用時の
勝率統計が公開されています。

⇒ 公開元サイト:Winston's Lab (2017.03.19公開)


マップ別統計

▼APEX Season2でラインハルトを選択した場合の勝率の変化 (APEX S2で使用されたマップのみ)
reinhardt_winrate_1.jpg
(画像をクリックで拡大)


この表はラインハルトを組み込んだ編成で各マップを戦った場合に勝率がどう変化するかを表しています。例えばマップLIJIANG TOWERでラインハルトを組み込んだ編成を使用した場合は、そうで無い場合と比較すると6.6%勝率が高くなっているということが分かります。

14マップ中6マップで勝率が下がっているがその中でも特に大きく勝率を下げているのはTEMPLE OF ANUBISで、その減少率はなんと-13.0%。このマップに関しては「ラインハルトを使用すると勝率が下がる。」と言えるのかもしれません。


▼ラインハルトを組み込むと勝率が上がるマップ
(+6.6%) LIJIANG TOWER
(+4.2%) NEPAL
(+3.8%) EICHENWALDE
(+3.7%) VOLSKAYA INDUSTRIES
(+2.2%) DORADO
(+2.2%) KING’S ROW
(+1.6%) ILIOS
(+0.7%) ROUTE 66

▼ラインハルトを組み込むと勝率が下がってしまうマップ
(-0.3%) HANAMURA
(-2.1%) HOLLYWOOD
(-2.9%) WATCHPOINT:GIBRALTAR
(-3.6%) NUMBANI
(-3.7%) OASIS
(-13.0%) TEMPLE OF ANUBIS




マップ別、攻撃サイド側での統計


▼APEX Season2でラインハルトを使用して攻撃する場合の勝率の変化 (APEX S2で使用されたマップのみ)
reinhardt_winrate_attacking.jpg
(画像をクリックで拡大)


上の画像は攻撃サイドでの勝率を表にしたもの。プロシーンでもダイブ編成が多用されているWATCHPOINT:GIBRALTAR、HANAMURA、TEMPLE OF ANUBISの3マップは勝率を大幅に下げています。
この3マップは攻撃サイドと防衛サイドの高低差が特に激しく、防衛サイドは高所という圧倒的有利なポジションから一方的な攻撃を行い易いため、攻撃サイドはどうしても高所に位置取るヒーローを攻略しなくてはなりません。そのためラインハルトの盾裏を使ったチーム進行は相性が悪く、結果勝率が下がってしまうのでしょう。


攻撃サイド側でラインハルトを組み込むと勝率が上がるマップ
(+5.5%) EICHENWALDE
(+3.0%) ROUTE 66
(+3.0%) DORADO

攻撃サイド側でラインハルトを組み込むと勝率が下がってしまうマップ
(-0.7%) NUMBANI
(-1.8%) VOLSKAYA INDUSTRIES
(-2.0%) KING'S ROW
(-2.1%) HOLLYWOOD
(-7.2%) WATCHPOINT:GIBRALTAR
(-14.6%) HANAMURA
(-22.2%) TEMPLE OF ANUBIS




マップ別、防衛サイド側での統計 


▼APEX Season2でラインハルトを使用して防衛する場合の勝率の変化 (APEX S2で使用されたマップのみ)
reinhardt_winrate_defending.jpg
(画像をクリックで拡大)


攻撃側に比べて、防衛側はある勝率アップを見込めるマップが多くなっています。
ラインハルトが高所に位置取る事が出来るマップや攻撃側が高所を使用し難いマップではラインハルトは有効で、その逆の攻撃側も高所をある程度取る事が可能なマップ構造をしているRoute 66や、Hollywoodはほんの少し相性が悪いようです。

ファースト地点防衛でウィンストン+D.vaコンビが頻繁に使われているNumbaniや、セカンド地点防衛でウィンストン+D.vaコンビが主流となっているTeample of Anubisもラインハルトを据えた場合の勝率は下がっています。


防衛サイド側でラインハルトを組み込むと勝率が上がるマップ
(+11.2%) HANAMURA
(+9.2%) DORADO
(+8.2%) VOLSKAYA INDUSTRIES
(+6.2%) KING'S ROW
(+2.5%) EICHENWALDE
(+0.3%) WATCHPOINT:GIBRALTAR

防衛サイド側でラインハルトを組み込むと勝率が下がってしまうマップ
(-1.3%) ROUTE 66
(-2.1%) HOLLYWOOD
(-2.4%) NUMBANI
(-6.7%) TEMPLE OF ANUBIS




この統計は"マップ別"ということで少し大雑把ですが、とても参考になるのではないでしょうか。とはいえただ表の通りにピックをするのではなく、マップ内のファースト地点・セカンド地点といったポイント毎の地形や相手側の編成によってラインハルトを選択するか高所取りに有利なタンクを選択するかを判断してピックしたい所です。

Posted on 2017/03/22 Wed. 23:43 [edit]

category: OWテクニック・統計紹介

tag: Overwatch  OWプロシーン  OW統計 
tb: 0   cm: 0


当ブログ、されログ。/Overwatchは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Hierarchy (現在の位置)

Latest articles (最近の記事)

Search

Categories

Tag Link (サイト内タグリンク)

Link

Profile

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。