されログ。 / Overwatch

PC版Overwatch情報・考察サイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自分に合ったマウス感度  

前回の記事、マウスセンシビティ設定の目安を書いていて、書こうと思った事。

ハイセンシにした場合とローセンシにした場合の利点と欠点。



ハイセンシ
利点は素早いレティクル移動が出来るようになる事。
また、手首・指のみの範囲でマウス操作が出来るので、リアルPC廻りは小さいスペースのみで大丈夫。
少しの操作でグルグルまわる事が出来るので、ローセンシに比べて近距離での旋回戦に強くなる。

感度高くした場合は素早い挙動を得るのと引き換えに、精密なマウスコントロールがし辛くなる。

安定感という部分では、ハイセンシの中でも高いセンシ(振り向き~10cmのultra&super high)あたりだと、指先をミリ単位で動かす操作が必要になるため、マウス感度の高さに比例してプレイ時のAIMにムラが出やすくなる可能性がある。(AIMの感覚が体調に左右され易い)



ローセンシ
利点は精密なマウスコントロールがし易い事と、AIMが安定しやすいという事。
その変わり、旋回戦のような至近距離戦になると手を振り回すようなマウス操作をしなければいけなくなるため、敵の移動に追いつかなかったりする場合も出てきてしまう。

また、プレイ環境として広いスペース・大きいマウスパット・高速でマウス操作をした際にそれを正確に読み取るゲーミングマウスが必要になる。

感度を低くした場合、手首固定での操作時において"手首可動範囲+指の可動範囲"という範囲を超えた操作が必要となるので、離れた敵を狙う際や、振り向く際には手首ごとスライドさせるような「前腕支点」での操作が必要となってくる。

ハイセンシの手首固定でのプレイの際には、全く必要としないマウス操作のため慣れるのに時間がかかる。




では、プレイしているゲームに対して自分に合った感度を探してみよう。

前回の記事にも書きましたが、私が思うベストのマウス感度は、自身がしっかりとコントロール出来る感度かつ、その範囲内で少し高めの設定。
「しっかりとコントロール出来る感度」と書きましたが、何を持って完全にコントロール出来るといえるのか。

以前ゲームに配信を行っていた際に、「マウス感度どれくらいに設定すればいいの?」というアバウトな質問を受ける事がありますが、その際は 「遠距離でジャンプしている人に対して、あなたが正確に追従出来る位の感度まで落すといいと思います。」と答えました。

遠距離目で小さく見える、敵のジャンプの軌道を滑らかに追う事は出来ますか?
滑らかに。というのがとても重要で、ハイセンシで自身のコントロール出来る感度の限界を超えている場合、ジャンプのような一定の早さでの滑らかな湾曲軌道での操作をする事がなかなか出来なかったりします。

試しに、Windowsにあるペイントを使い、低いマウス感度設定と高いマウス感度設定両方で"ひらがな" を書いてみて下さい。
早過ぎない一定の速度で綺麗な曲線をしっかり書けますか?どうでしょう。もし高い感度に設定している場合は、とても難しいですよね。



大分適当な図ですが・・・



敵=赤四角。 敵のジャンプ軌道=黒線
理想の照準の軌道は緑線です。

理想の軌道


それがハイセンシでコントロールしきれていない場合はこうなりがちです↓
ハイセンシの軌道

今回は青線が照準の移動です。
よく私の場合は "照準が暴れている" という表現を使いますが、高い感度を無理やり操作している場合、
カクカクっとした直線移動を連続で行ったような標準移動になってしまいます。

この場合、敵を追っているように見えていて自分では当てていると思っていても・・・
黒線から青線が離れている箇所あたりで弾を外していたりするのです。
(下図オレンジ円部分など)


ハイセンシ2


精密な操作が必要になる所といえば、たとえば中遠距離でこの弧を描くようなジャンプ移動をしている敵を追う場面や、高所からの自由落下中の敵などでしょうか。

これらを狙う際に、あなたがマウスコントロールできる範囲で照準が暴れない、滑らかに操作出来るようなマウス感度があなたに一番合っている理想のマウス感度だと思います。

自身が出来る範囲でのマウスコントロールと、プレイしているゲーム内で求められる操作を考えながら
自分に合った最適なマウス感度を探して設定・練習をしてみて下さい。
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/21 Mon. 12:04 [edit]

category: MetalRage

tb: 0   cm: 0

マウスセンシビティ設定の目安  

マウス感度について理解出来たら、次は自分に合ったマウスセンシビティを探してみよう。
ここでは、前回も使った「180度振り向き何センチ」という単位を使いますので、お間違えの無いように。

センシビティーの違いによる段階的な仕分けについて。
感度が高めな事をハイセンシ、感度が低めな事をローセンシ、その間をミドルセンシと言う。マウス感度についての話をする際に「ハイセンシだよ」とか「ローセンシに挑戦してます」と言うのを聞いたりしますが、果たしてハイセンシやローセンシとはどの程度のマウス感度の事を言うのか。

おおよそのゲームに通用する大体の目安は以下の通り。

(単位:cm)
~5 - ultra high
5~10 - super high
10~15 - high
15~20 - middle
20~25 - low
25~30 - super low
30~ - ultra low

ちなみに、私は振り向き18.0cm程度なのでmiddleセンシです。

実際にマウス感度はどれくらいの感度にすればいいのか。
参考にするのはプロプレイヤー達。調べた限りでは、振り向き~5.0cm以下のプロゲーマーはなんと0人でした。
プロの中でも極端にセンシビティが高い人で振り向き6.0cm強。センシビティが低い人では振り向き40cm台の人もいました。

設定の目安として、リアル系FPSゲーム(CS:GOやPUBGなど)のように点を狙う必要のあるゲームをプレイするなら、振り向き12.0~24.0cm程度。
近距離で旋回戦を行うゲーム(Overwatchなど)をプレイするなら、振り向き6.0~18.0cm程度がよいのではないでしょうか。
ただしその範囲の中で、自身が完全にマウスコントロール出来る感度まで落とす事が大事です。

よくありがちなのが、マウスセンシビティは高い方が敵を早く狙えるからいい!といって感度を高くしてしまう事。
マウスセンシビティが高くなればなる程、コントロールしし辛くなってしまうという事をお忘れなく。

自分に合ったマウスセンシビティを探してみて下さい。

Posted on 2012/05/16 Wed. 00:54 [edit]

category: MetalRage

tb: 0   cm: 2


当ブログ、されログ。/Overwatchは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Hierarchy (現在の位置)

Latest articles (最近の記事)

Search

Categories

Tag Link (サイト内タグリンク)

Link

Profile

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。