されログ。 / Overwatch

PC版Overwatch情報・考察サイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

patch1.10.1.2がリリースされました  

本日2017年4月28日、パッチ1.10.1.2不具合修正パッチがリリースされました。





  ライバル・プレイ
  ・アサルト及びアサルト/エスコートマップにて、目標を33%以上確保しなければタイブレーカー・システムが発動しないよう変更

開発者コメント: 4月12日のアップデートでタイブレーカー・システムが導入されてからは、目標を1%確保した時点で確保率が記録され始め、このパーセンテージが多いチームが勝利していました。しかし、1%の目標確保にかかる時間が極端に短いことから、十分な情報がプレイヤーに与えられないままマッチが終了することがありました。このような事態を減らすべく、タイブレーカーは目標が33%以上確保されてから発動するように変更しました。なお、両チームの確保率が33%に満たない場合は引き分けとなります。



  バグ修正
  ・ラウンド終了後の画面で時折発生するクラッシュを修正。



  アーケード
  ・アップライジングにて、ペイロードが動き出すまでダメージ量が表示されない不具合を修正。
  ・アップライジングにて、一部ヒーローのアビリティを使用してペイロードの下に移動できる不具合を修正 。
  ・アップライジングにて、ゲンジが蘇生された際、相手を問わず「さすがジーグラー博士だ」のボイスが再生される不具合を修正。
  ・アップライジングの「取り扱い注意」の達成条件にて、ペイロードのライフを80%以上保つ必要があることを明記。
  ・アップライジングにて、ソンブラのハックの統計情報を正しく追跡するようになりました。
  ・アップライジングにて、アナの回復値の統計情報を正確に追跡するようになりました。



  カスタム・ゲーム及びゲーム・ブラウザー
  ・キャプチャー・ザ・フラッグまたはエリミネーションのゲームを作成した際、「ゲーム・モード開始」ボタンが表示されなくなる不具合を修正。



  ヒーロー
  ・高レイテンシーの場合、ゲンジの龍撃剣の刀を振る速度がわずかに上がる不具合を修正。その代わりにデフォルト時における刀を振る速度がアップ。
  ・ゲンジの龍撃剣のヒット判定不具合を修正。
  ・D.Vaがメック状態であるにもかかわらず、パイロット本人にヒット効果が発生する不具合を修正。
  ・D.Vaの「パランキーン」スキン着用時、ハイライト・イントロの「セルフィー」で髪が動かない不具合を修正。
  ・ファラの「フロストバイト」スキン着用時、エモートの「スタイリッシュ」を再生した際に氷が伸びる不具合を修正。
  ・ロードホッグのハイライト・イントロ「ご馳走」再生時に、テクスチャが揺らめく不具合を修正。
  ・ソルジャー76の「ストライクコマンダー・モリソン」、「デアデビル76」、「スタント・ライダー76」スキン着用時、エモートの「腕立て」を再生した際にマントが体を貫通する不具合を修正。



  マップ
  ・爆発によって粉砕されたガラスが黒く着色する不具合を修正しました。
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/28 Fri. 22:34 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OW情報  アップデート情報  1.10.1.2 
tb: 0   cm: 0

patch1.10.0.2不具合修正パッチがリリースされました  

本日2017年4月18日、パッチ1.10.0.2不具合修正パッチがリリースされました。





  一般
  ・起動時にゲームクライアントがクラッシュする問題を修正しました。



  アーケード
  ・Overwatch Uprisingにおいて、ペイロードエスコートフェーズ中にヌルセクターボットのスポーンを妨げていた問題を修正しました。
  ・Overwatch Uprising 2017プレーヤーアイコンは、イベントにログインするとロック解除されるようになりました。
  ・Overwatch Uprisingにおいて、ペイロード上から射撃した際に、射撃精度が低下する問題を修正しました。
  ・ペイロード上にタレット設置を行えない問題を修正しました。
  ・Overwatch Uprisingにおいて、スコアカードはソンブラのハックの統計情報を正しく追跡するようになりました。
  ・Overwatch Uprisingにおいて、スコアカードはアナの回復値の統計情報を正確に追跡するようになりました。
  ・Overwatch Uprisingにおいて、スコアカードはD.vaによるキル情報を正しく追跡するようになりました。



  ライバル・プレイ
  ・アサルトマップとアサルト/エスコートマップ(ハイブリッド)の捕捉率に基づいて引き分けでは無くなった場合に、不正確な結果を引き起こす可能性のある問題を修正しました。



  ヒーロー
  ・メイの凍結ブラスター又はUltブリザードがヒットしたプレイヤーに鈍化効果が付与されなかった問題を修正しました。
  ・D.vaがパランキーンスキンを装備した状態でセルフィーハイライトイントロを使用した際、D.vaの髪が硬くなる不具合を修正しました。
  ・ソルジャー76がストライクコマンダー・モリソン、デアデビル76、スタント・ライダー76スキンのいずれかを装備した状態で、腕立て伏せエモートを使用した際にソルジャー76のケープが切られたようになる問題を修正しました。
  ・ファラがフロストバイトスキンを装備した状態でスタイリッシュエモートを行った際に氷が伸びる不具合を修正しました。



  マップ
  ・爆発によって粉砕されたガラスが黒く着色する不具合を修正しました。

Posted on 2017/04/18 Tue. 22:45 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OW情報  アップデート情報  1.10.0.2 
tb: 0   cm: 0

patch1.10.0.2がリリースされました  

本日2017年4月12日、パッチ1.10.0.2がリリースされました。





新シーズン・イベント:オーバーウォッチ アップライジング
未来から過去へ...7年前のオーバーウォッチに一体何が?トレーサーがオーバーウォッチのエージェントとして臨む初任務を追体験できる新たなPvEバトルに加え、スキンやハイライト・イントロ、エモート、スプレー、プレイヤー・アイコンを含む100種類以上の新カスタマイズ・アイテムが登場!









  一般
  ▼ヒーローギャラリー
   ・各ヒーローのバックストーリー、及び一部のスキン情報を追加。
  ▼オプション
   ・オーバーウォッチ アップライジングの会話を字幕で表示可能。(オプション⇒サウンド)



  ライバル・プレイ
  ▼引き分けになるケースを減らすための新たなシステムを実装
   ・アサルト及びアサルト/エスコートマップにて、これまで引き分けとなっていた場合でも、目標確保の進捗で勝敗を判断できるシステムを追加。
   (以前エスコート及びアサルト/エスコートマップ用に導入されたシステムではペイロードの移動距離で勝敗を決していましたが、今回のアップデートにより、両チームが目標を確保できなかった場合でも確保ゲージの進捗で勝敗が決まります)



  カスタム・ゲーム及びサーバーブラウザー
  ▼カスタム・ゲーム設定
   ・設定を「規定設定」として保存できるように変更。(ゲーム作成⇒設定⇒既定設定として保存)

  ▼弾数の変更
   ・カスタム・ゲーム作成時に弾数を調整、あるいは無限に設定することが可能に。



  マップ
  ▼EICHEN WALDE
   ・攻撃チームのリスポーンエリアと目標地点を結ぶ新たなルートを追加。



【ヒーローバランス変更】

  ルシオ
  ▼ソニック・アンプリファイア
   ・ダメージを25%増加。
   ・弾速を 40 から 50 へ変更。
   ・サウンドウェーブ(サブ攻撃) によるノックバック方向に垂直判定を追加。

  ▼クロスフェード
   ・効果範囲を 30メートル から 10メートル に縮小。
   ・(ヒーリング・ブースト)回復量/秒を30%増加 (アンプ・イット・アップ時も同様)
   ・(ヒーリング・ブースト)自己回復量を25%低減。

  ▼ウォール・ライド
   ・ウォールライド中の移動速度を20%上昇。
   ・壁からジャンプで離れた瞬間に移動速度が上昇するように変更。


  オリーサ
  ▼ヒットボックス範囲変更
   ・クリティカル判定(ヘッドショット)のヒットボックスを15%縮小。



【バグ修正】
  • アナがグレネードを投げる際のライフルに弾を装填するアニメーションを廃止。
  • EICHENWALDEにて、破壊された城門にはさまり身動きが取れなくなる不具合を修正。
  • KING'S ROWにて、ソンブラが本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正。
  • LIJIANG TOWERにて、本来立ち入れない場所に移動できる不具合を修正。
  • OASISにて、シンメトラが意図されていない場所にタレットを設置できる不具合を修正。
  • その他11件の細かいバグの修正。

Posted on 2017/04/12 Wed. 20:26 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OW情報  アップデート情報  1.10.0.2 
tb: 0   cm: 0

次回イベント"Overwatch Insurrection"  

次回イベントは日本時間4月12日から5月2日まで開催されるようです。
新しく追加されるヒーロースキンは動画内で確認する事が出来ます。


Posted on 2017/04/11 Tue. 22:57 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OW情報 
tb: 0   cm: 0

海外プロから学ぶチーム編成 (RunAway:Hanamura防衛側サポート1編成)  

OGN Overwatch APEX Season 2の準決勝で(KR)RunAwayが使用した編成を紹介します。

準決勝 Runaway vs LuxuryWatch BLUE。1対1で迎えたマップHANAMURAでRunAwayは防衛サイドでサポート1編成を選択し、最終ポイント防衛に成功します。


▼動画時間1:31:19より、マップHANAMURA (RunAway防衛)
OGNGlobalのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する


最終地点防衛時相手チームのファーストアタックを阻止する事が出来ずにポイント内への進入を許してしまったRunAwayは、トールビョーンを据えた編成から乱戦特化防衛編成へとチーム構成を変更。


HANAMURA 最終ポイント上での乱戦用防衛編成 その① (3タンク、2オフェンス、1サポート)
reinhardt_mini.jpgwinston_mini.jpgdva_mini.jpgtracer_mini.jpggenji_mini.jpglucio_mini.jpg

ポイント内へ入り込まれてからの、防衛側RunAwayの乱戦特化編成。
ダイブ編成に用いられるヒーロー達を主としており、アナの代わりに耐久力の高いラインハルトを組み込んでいる。


Runaway_Hanamura_defense.png
↑ポイント上での乱戦中、防衛側が4人キルされるシーンも度々あったがポイントのゲージはなかなか進まない。



HANAMURA 最終ポイント上での乱戦用防衛編成 その② (3タンク、2オフェンス、1サポート)
mei_mini.jpgwinston_mini.jpgdva_mini.jpgtracer_mini.jpggenji_mini.jpglucio_mini.jpg

①編成で、ラインハルトを使用していたKaizer選手がピックチェンジを行いメイへ変わった形。





ポイント上での長い乱戦を制した防衛側RunAway。攻撃側のLW BLUEは一度仕切り直し、再度ポイント奪取を試みる。


HANAMURA 最終ポイント防衛編成 (3タンク、2オフェンス、1サポート)
reinhardt_mini.jpgwinston_mini.jpgdva_mini.jpgtracer_mini.jpggenji_mini.jpglucio_mini.jpg

メイを使用していたKaizer選手は再びラインハルトへとピックを戻し、乱戦用編成その①と同じ構成に。




↑防衛側は敵がポイント内へ入り込む前に先手を取って迎え撃ちに行く。この動画のようにポイントへ入り込まれる前に相手チームの陣形を崩し攻撃を一度諦めさせる事が大事だ。



▼ナノブースト状態のラインハルトを恐れず食い止める、防衛側ウィンストン&D.va
Runaway_Hanamura_defense_4.png
↑2階へ進行された場合、ポイントへ入られる前にウィンストンとD.vaが当たりにゆく。その間にトレーサー&ゲンジがキルを狙う。



Runaway_Hanamura_defense_2.png
↑試合時間残り僅かとなったシーン。Kox選手はゲンジからバスティオンへピックチェンジ。これが見事刺さり防衛に成功した。






RunAway式、乱戦特化用ヒーローとピックチェンジ
アマチュアチームにしてトップチームと並ぶRunAwayより学ぶ事が出来た防衛成功の秘訣は、"一度ポイント上へ入り込まれてしまった後は即座に乱戦特化編成へ体制変更する"という事。

以下のヒーロー達は混戦での生存力が高く攻撃性能も持ち合わせている。このヒーロ達"のみ"の編成とする事でポイント上での乱戦を有利に運ぶ事が出来る。


reinhardt_mini.jpg ・・・ 豊富なヘルスにシールドで。タンクヒーロー以外にチャージを決める事が出来れば人数を削れるのが強み。Ultアースシャターを上手く決められれば状況をひっくり返す事が出来る。
winston_mini.jpg ・・・ 現在の防衛シーンでは欠かせなくなってきている。バリアプロジェクターでのチーム生存力向上しつつテスラキャノンで安定したダメージを与える事ができる。そして何よりUltプライマルレイジによる粘りがポイント上では非常に強力。
dva_mini.jpg ・・・ 豊富なヘルス・アーマーによる耐久力と強化された(穴がなくなった)ディフェンスマトリックスが強力。Ult自爆が綺麗に決まる事はあまり無いが一発逆転の威力を秘めている。
tracer_mini.jpg ・・・ ブリンクによる回避・生存能力に加え高い攻撃力を持った乱戦の申し子。Ultパルスボムの回転が早く相手チームの人数を減らし易い。
genji_mini.jpg ・・・ 瞬間火力が高く、豊富な回避・防衛手段で長時間の生存な可能。Ult竜撃剣も乱戦では威力を発揮し易い。
mei_mini.jpg ・・・ 粘りキャラといえばメイ。アイスウォールを使った時間稼ぎに加えクリオフリーズで問答無用に時間を稼ぐ事が可能。但し、他のヒーロー達と比べると攻撃面はやや劣るか。
lucio_mini.jpg ・・・ サウンドウェーブでのノックバックによる援護、範囲スピードブースト、範囲回復、Ultサウンド・バリアといった乱戦に必要なものを全て兼ね備えており、ウォールライドによって本人の生存力も高い。乱戦想定での防衛編成においてルシオは必須といっても良い。


チームメンバー全員がリスポーン後すぐにポイントへ乗らないとゲージを進められてしまうような状況の場合、アナでは長時間の生存がほぼ出来ないため上記の空きヒーローにピックチェンジする。(もしくは最初からアナを使用しない)


【RunAwayのピックチェンジ術】
普段アナを使用しているKox選手がゲンジへピックチェンジ。代わりに本来ゲンジを使用しているHaksal選手がD.vaを使用する事で今回の防衛編成を作り上げていた。

Kox選手はピックプールがとても広く、状況によってアナからゲンジやバスティオン(他マップではソルジャーなど)へ柔軟にピックを変更するのが特徴。今回のようなアナを削った防衛編成は、そんなRunAwayが見出した新しい防衛編成と言えるでしょう。

Posted on 2017/04/10 Mon. 22:24 [edit]

category: 海外プロから学ぶチーム編成

tag: Overwatch  OWプロシーン  チーム編成・構成  RunAway  Hanamura 
tb: 0   cm: 0

OGN Overwatch APEX Season2 優勝はLunatic Hai!  

2017年4月18日、APEX2のグランドファイナル(決勝戦)、RunAway vs Lunatic Haiが行われました。


▼OGN Overwatch APEX Season2 Grand Final : RunAway vs Lunatic Hai
OGNGlobalのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する


【MAP : 勝利チーム】 (Best of 7)
① OASIS : RunAway
② HOLLYWOOD : RunAway
③ VOLSKAYA INDUSTRIES : Lunatic Hai
④ ROUTE66 : RunAway
⑤ HANAMURA : Lunatic Hai
⑥ DORADO : Lunatic Hai
⑦ EICHENWALDE : Lunatic Hai

最終スコア Lunatic Hai 4-3 RunAway で、Lunatic Haiが勝利を収めました。



▼優勝トロフィーへ駆け寄り手に取るLunatic Haiのメンバー達
APEX2_winner_LH.png



試合後の授賞式にてMVPプレイヤーの発表が行われ、2人の選手に賞金が授与されました。


▼視聴者投票によるMVPに選ばれた、Lunatic Haiのアナ使いRyujehong選手
APEX2_MVP_Ryujehong.png



▼大会最優秀選手に選ばれた、Lunatic Haiのゲンジ使いWhoRU選手
APEX2_MVP_WhoRU.png






▼優勝 Lunatic Hai
APEX2_Winner_LH_2.png



▼準優勝 RunAway
APEX2_2nd_Runaway.png

Posted on 2017/04/08 Sat. 23:26 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OWプロシーン  APEX_Season2  LunaticHai 
tb: 0   cm: 0

OGN Overwatch APEX Season 2 【Playoffs】 (決勝戦4月8日PM6:00より)  

  • グループAより進出 : (KR)RunAway,(KR)LunaticHai
  • グループBより進出 : (KR)MetaAthena,(KR)LuxuryWatch BLUE

プレイオフはシングルエリミネーショントーナメント方式で優勝を争います。(シングルエリミネーショントーナメント方式は、一度負けたら敗退となるトーナメント形式。)

準決勝の二試合が終わり、ついに決勝進出の2チームが決定!
  • 決勝進出チーム : (KR)RunAway,(KR)LunaticHai


▼3月31日時点
APEX2_GS2_Playoffs_3.png



3月24日に行われた準決勝RunAway対LuxuryWatch BLUEと3月28日に行われた準決勝MtaAthena対LunaticHaiではいずれの試合もフルセットの接戦となりましたが、それぞれの試合を見事制したRunAwayとLunaticHaiが決勝進出を決めています。

3月31日には三位決定戦LuxuryWatch BLUE対MetaAthenaが行われました。
試合2日前にメインタンカーのjanus選手が緊張性気胸により緊急入院する事となり、姉妹チームであるLuxuryWatch REDからr0ar選手が代役抜擢されていた事で連携面が不安視されてたLW BLUEでしたが、見事スコア3-1でMetaAthenaを破り勝利を飾っています。

グランドファイナル(決勝戦) RunAway 対 LunaticHaiは日本時間4月8日(土)18時より
ストリーミング配信ページ (Twitch/OGNGlobal) にて放送が行われます。




●Playoffs タイムシフト動画

Playoffs Round1 (準決勝) : RunAway vs LuxuruWatch BLUE
OGNGlobalのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する


Playoffs Round1 (準決勝) : MetaAthena vs LunaticHai
OGNGlobalのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する


Playoffs Round2 (三位決定戦) : LuxuryWatch BLUE vs MetaAthena
OGNGlobalのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する




▼GroupStage#2 GroupAの記事はこちらから
http://salelog-ow.com/blog-entry-102.html

▼GroupStage#2 GroupBの記事はこちらから
http://salelog-ow.com/blog-entry-112.html



Posted on 2017/04/07 Fri. 19:06 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OW情報  OWプロシーン  APEX_Season2   
tb: 0   cm: 0

海外プロから学ぶチーム編成 (RunAway:Hanamura攻撃側サポート1編成)  

OGN Overwatch APEX Season 2の準決勝で(KR)RunAwayが使用した編成を紹介します。

準決勝 Runaway vs LuxuryWatch BLUE。1対1で迎えたマップHANAMURAでRunAwayは攻撃サイドでサポート1編成を選択し、ポイント奪取に成功します。


▼動画時間1:23:50より、マップHANAMURA
OGNGlobalのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する



HANAMURA 攻撃編成 (試合開始時) (2タンク、3オフェンス、1サポート)
winston_mini.jpgroadhog_mini.jpgtracer_mini.jpggenji_mini.jpgsoldier-76_mini.jpglucio_mini.jpg

ダイブコンプヒーローのウィンストン・トレーサー・ゲンジの3人とサポートはルシオ1人のみ。そしてサポート1編成では御馴染みともいえる、"チーム回復力を底上げ出来る攻撃要員"のロードホッグとソルジャーの2人を加えた超攻撃型編成。

本来アナを使用しているKox選手がソルジャーを使用する事で火力面が増加している。ぶつかり合ってから短時間で相手を崩しきる事が目的と思われる、一言で言うなら"やられる前にやる"チーム編成ともいえる。



HANAMURA 攻撃編成 (ファースト地点奪取時) (2タンク、2オフェンス、2サポート)
reinhardt_mini.jpgroadhog_mini.jpgtracer_mini.jpggenji_mini.jpgana_mini.jpglucio_mini.jpg

ファースト地点を攻めあぐねている際にウィンストンを使用していたKaizer選手はラインハルトにピックチェンジを行い、ソルジャーを使用していたKox選手はアナへピックチェンジを行った。

KaiserトレーサーのUltパルス・ボムでのアナキル、その直後のナノ・ブーストが付与されたHaksalゲンジの連続タンクキルによってファースト地点の奪取に成功する。Kox選手は一度Ultナノ・ブースト使用した後ソルジャーに戻している。


RunAway_Hanamura.png
↑ファースト地点奪取のきっかけになった、アナを単独キルする事に成功したSTITCHトレーサー。



HANAMURA 攻撃編成 (セカンド地点奪取時) (2タンク、3オフェンス、1サポート)
reinhardt_mini.jpgroadhog_mini.jpgtracer_mini.jpggenji_mini.jpgsoldier-76_mini.jpglucio_mini.jpg

セカンド地点の奪取に向けて、タンク3・オフェンス1・サポート1の形に戻したRunAway。
正面1階からの進入に合わせ、HaksalゲンジがUlt龍撃剣で2階に切り込む手段を取る。


RunAway_Hanamura_2.png
↑正面1階から進入するRunAwayの面々。


RunAway_Hanamura_3.png
↑突入直後、相手アナをキルをすると同時に2階へ切り込むHaksalゲンジ。ルシオとラインハルトのキルに成功する。

半壊したLW BLUEはメイ・D.va・ウィンストンといった時間稼ぎキャラへピックチェンジを行い粘ろうとしたが、1人も欠けていないRunAway攻撃陣の集中フォーカスによって各個撃破され、ほぼ粘る事ができないままポイントを奪取されてしまった。




結果的にはStitchトレーサーとHaksalゲンジの活躍によって試合を制したといっても過言ではない感じもしましたが、このサポート1編成はとても印象に残りました。
防衛側でもダイブコンプヒーローが多用されるようになってきた今日、乱戦の中で活躍する事が難くなってきている攻撃側はアナをあえて外し、乱戦に特化したDPSやタンクを加えるのもありという事でしょうか。
ルシオのスピードブーストで高火力ヒーロー5人を進行させ戦闘へ持ち込み、短時間で相手を崩しきる事が目的と思われるこの発想は、現在鉄板となっているサポート2人構成を脅かす新たなメタとなる・・・かもしれません。

Posted on 2017/04/06 Thu. 21:31 [edit]

category: 海外プロから学ぶチーム編成

tag: Overwatch  OWプロシーン  チーム編成・構成  RunAway  Hanamura 
tb: 0   cm: 0

Hollywood ザリアでのリフトを使わない屋根移動ルート  

韓国のプロチームLunatic Haiに在籍するザリアの名手、Zunba選手がHollywoodで使用している
攻めルートを紹介します。





ウィンストンやD.vaと違って高所へ上る移動手段が無く高低差が激しいマップでは扱いが難しいザリアですが、この移動手段を使えば本来リフトを使用しなくては上がる事が出来なかったHollywoodの屋根上争いに加わる事が可能です。

このルートで段差を上がるためにはパーティクル・キャノン ランチャー(右クリック)ジャンプを使用する必要があります。


ランチャージャンプで高く飛ぶためのコツ。
 ①足元を撃つ際は"真下"を向く。(照準がそれ以上移動できない所までマウスを下へ移動する。)
 ②ランチャーが着弾して爆発するタイミングと"同時"にジャンプキーを押す。

②について。
ランチャーは弾速が遅いので、右クリックを押し発射されてから地面へ着弾’爆発)するまで微妙にタイムラグがある。そのため、右クリック+spaseキーの同時押しでは爆発が起きるより早いタイミングでジャンプしてしまい結果高度が低くなってしまう。高いジャンプをするためには爆発のタイミングにspaceキーを合わせる必要があるため、同時押しではなく右クリックを押した後にspaceキーをコンマ数秒遅らせ「タタン」と押す必要がある。


ザリア使いの方は、ぜひ習得して戦略の幅を広げましょう!

Posted on 2017/04/02 Sun. 19:18 [edit]

category: OWテクニック・統計紹介

tag: Overwatch  ザリア  Hollywood  ランチャージャンプ 
tb: 0   cm: 1

Overwatch World Cup 2017 開催決定!  

2017年3月29日、Overwatch World Cup 2017の開催告知が行われました。


▼Blizzard(US)公式サイト / Overwatch World Cup 2017
https://worldcup.playoverwatch.com/en-us/


Overwatch Wolrld Cup 2017は世界規模で行われる各国の代表チーム同士が試合を行う大会です。
今大会出場枠は32ヶ国となっており、各国の上位100プレイヤーが対象となっているスキルレート平均値の上位32ヶ国が出場権を獲得する。尚、自国の代表となるプレイヤー達は視聴者が選ぶ形となる。


▼2017年4月1日時点のTop15ヶ国 (スキルレート計測期間は日本時間4月25日AM11:00まで)
OW_worldcup_2.jpg



OW_worldcup_1.jpg
↑公式サイトによると、3月にアナウンスが行われ、代表プレイヤー投票は4月予定、グループステージ開始は夏予定、プレイオフは11月予定となっている。

オーバーウォッチワールドカップ2017のベスト8を決めた後、以降の試合はBlizzCon2017で行いこのワールドカップの王者となるチームを決定します。(決勝トーナメントはシングルエリミネーションマッチ形式)


OW_worldcup_3.jpg




前回のOverwatch World Cup 2016を圧倒的な強さで優勝した韓国代表が今回の優勝候補であるのは間違いありません。果たして現最強韓国代表を打ち破るチームは現れるのでしょうか。


↓Overwatch World Cup 2016を制した韓国代表チーム
Overwatch 2016_Korea

Posted on 2017/04/01 Sat. 21:58 [edit]

category: 情報・アナウンス

tag: Overwatch  OW情報  Overwatch_World_Cup_2017 
tb: 0   cm: 0


当ブログ、されログ。/Overwatchは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Hierarchy (現在の位置)

Latest articles (最近の記事)

Search

Categories

Tag Link (サイト内タグリンク)

Link

Profile

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。